スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1級実習間近

またもや放置しているうちにすでに数ヶ月…
10月に後輩たちが入学してきて、一応先輩な状態です。
ちなみにこの後輩たちはかなり出来が悪い、らしい。(やる気もないやつ多数)
来週、合同演習があるんですが、とっても気が重い。
やる気はあるけどうまく行かない、ってのなら別にいいんですけど、
「おまえら、やる気あんのか?」というような輩がいっぱいいるのでやだなあ。
挨拶も出来ないやつもいるし。そんなやつは介護とかなんとか言う以前の問題で
社会人としてだめだろ。少なくとも利用者さんの信頼なんか得られないよ。はぁ~…

さて9月に2級実習に行き、認知症(それも重度)の方の介護に関わらせて頂きましたが。
なんというか、完全にのれんに腕押しというかんじで、楽しそうにしてくださるのは
うれしいけれど、次の瞬間には私のことはわからないというのはなんとも悲しい。
いや、まあそれが認知症なんだよと言われればそうなんですけれども。
たとえ2時間隣に座って話しをした後でも、ちょっと離れて5分して戻ってきたら
すでに初対面と同様の反応。実習だから1週間ですけど、これが仕事で毎日だったら
どうだろうかなあと思います。

そのことを学校の先生にちょっと話してみたら「燃え尽き症候群」ってのになる介護者も
結構いるらしく(真剣に利用者に向き合うあまり自分が参ってしまう)すごく自分も
そうなりそうだと思ってしまいましたよ。

1級で行くのは今度は特養ではなく老健なので、前回のように話が通じないということは
ないとは思いますが(そのはずですが…)、実際どうなるんだかなあ。
2級実習は1週間半で2カ所でしたが、1級は3週間半で6カ所。
場所確認、電車バスの時刻確認だけでえらい労力です。そして当然駅前なんて好立地の
ところはほとんどなく(1カ所だけありましたが)バスで20分とかざらなので、
いったい何時に家を出るんだか、というかんじです。おそらく毎日6時半前後に出発。
そして帰宅最速7時半、ってかんじですかね。それから夕飯作って、洗濯して、
実習日誌書いて、とやるわけですなあ。独身の人はいいよなあ、自分のことだけやっときゃ
いいから、とつい思ってしまいます。

2級実習でも思ったのですが、実際実習現場では私たちはたいしたことは出来ません。
ですが、気持ちだけは張っているので、妙な疲れ方をしますですね。同じ施設に1週間、
というところでも毎日違う指導者、利用者さんとかかわることになるので、緊張状態が
ずーっと続いてきつい… もちろん通勤経路もいつもと違うので、その意味でも緊張しているし。
無事に終わることをただ祈るばかりです。

ちなみに実習に行く前にレポートはてんこ盛りです。学科(家事援助、社会福祉、
ケアマネジメント)、実習目標、指導技術(合同演習の指導要綱を2事例分まとめる)などなど。
私は出た時点でその週に終わらせたので、基本的に「うわ~、間に合わないよ~!」って
ことはなかったんですが、人によってはかなり厳しいことになったようです。そしてまだ
帰ってきてませんが、再提出の可能性のある学科もあります。そうならないことを祈る…

実習から帰ってきたら、実習報告はもちろんですが、卒業テストもあるそうで…
範囲がえらく広いという話なので、こっちはもう仕方がないかなあと思ったりもします。
まあ、少しはあがいてみようとは思いますが。

リアル学生は勉強だけしていればいいのでいいなあ、と感じます。
学生の時はそんな風には感じなかったもんですけどね…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ようこーぷ

Author:ようこーぷ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。