スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィッシュルーム

夕飯はたこ焼きが食べたかったので、作ってみました。
以前、ためしてガッテンでやっていた焼き方を
なんとなく思い出しやってみたところ、それなりに
いいかんじになり、ちょっとうれしかったりして。

昨日からDSのウィッシュルームを始めました。
なかなかおもしろいです。キャラの動きはかなり限定は
されているのですが、いいかんじに雰囲気よく動くので
とっても効果的。
変に細かく動くよりも想像力で補完されるので
そういった意味でも小説を読むのに近い感覚になって
いるような気もします。

小説といえば、ここのところ森博嗣の推理ものを立て続けに
読んだのですが、途中で(推理ものと思って)エッセイっぽい
もの(一応小説だとは思うのですが)を読み始めたら、
それは限りなくおもしろくなかった…
途中で読むのを放棄するほどおもしろくなかった。
同じ人が書いたとは思えないなあ、などと思ってみたり。

私が森博嗣の書いた小説で最初に読んだのは「すべてが
Fになる」だったのですが、これはなかなかおもしろいと
思い、続けて同じ「S&Mシリーズ」(この名前も知らないと
なんなんだ、という気がしますね…)を数冊読んでから
「Vシリーズ」というのを1冊読んだのですが…
これも私的にはだめだった。話がなんとか、というよりも
登場人物が変… まあ変でも好きになれればそれでいいので
しょうが、出てくる主要人物すべてが鼻につくのでつらい。
どうにかその1冊は読んだのですが、今後このシリーズを
読む気にはならないですなあ。

同じ人が書いたのに、おもしろいと思うものと全然
おもしろくないと感じるものがあるというのは
今まで経験がなかったので(あまりおもしろくない、
程度のことはありましたが)ある意味では新しい体験でした。

今までは1冊読んでおもしろいと思ったら、
その作家の作品を(特に内容を吟味せず)続けて読む
という形をとっていたので、こういう作家と会うと、
とりあえず買っておくというのは危険なのかな、と
感じますね。

森博嗣という人はかなりハイペースで小説を書いている
ようなので、どれでもおもしろいと思えれば、読むものに
不自由することはなさそうなのですが、ざっと見渡した
感じだと、もう私がおもしろいと思えそうなシリーズは
ない気配が致します。
残念ですが、仕方ないですねえ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ようこーぷ

Author:ようこーぷ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。