スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売った後は知りません

昨年の8/15に子どもが音楽プレーヤーを買いました。1人1つづつ購入し、半年の保障期間が
ついていたようです。
2/11になり、1台はジャックの接触が悪いのか、音声の右が出なくなり、1台はタッチパネルが
誤作動をするようになったので、まだ保障期間ぎりぎりなので購入したツタヤに修理依頼をしました。

対応したお兄ちゃん(たぶんバイト)はわからないらしく、何度も電話(内線?)で
確認をした結果、店舗経由では時間がかかるので(というのはおそらく言い訳)
保証書にかいてあるサポートセンターに自分(つまり購入者)が直接
電話をしろ、と返答されました。

サポートセンターなんて、基本平日しか受け付けていないところが多いので、
平日の保障期間内に連絡をとることは難しいので、遅くなってもいいので取り次いでくれ
と言うと、しぶしぶというかんじで預かる、ということになりました。

しかし、「では、修理が終わりましたら連絡します」だけで、預り証もなにも渡されません。
こちらは商品を2点預けているのに、預かったという証明がないのはおかしいのではないかと
言うと、そういったものは出していない、と。
なんで??

最悪の場合、店が「そんな依頼は受けていません」といえばおしまいだし、修理に出すのが
遅れれば保障期間を過ぎたので有償です、ということにもなりかねません。
そもそも受け取りの際にもなにもこちらが正規の受取人であることを証明することもできません。

受付のお兄ちゃんはまじめな人らしく、上司からはそんな預り証は出していないと言われるわ、
お客からはおかしいといわれるわで、どうしようと考えたあげく「手書きのものになりますが
いいですか?」と、本当に手書きに店舗印を押し「2/13 お客様のご希望により修理依頼で
音楽プレーヤー2機をお預かりしました」と言うような書面を書いてくれました。

通常、家電であれAVであれ、修理が必要な場合は購入店舗に持ち込み、店舗経由でメーカーに
修理依頼をすると思います。ただ、購入店舗が不明だったり、遠方であったりする場合は
直接メーカーに連絡を取ることもあるでしょう。

私も40年以上生きてきて、購入店で修理依頼を断られたことは初めてだったので、
この人のよさそうなお兄ちゃんに聞いてみました。

「つまりこちら(ツタヤ)で購入した場合、修理の必要なものは自分でそのメーカーに
連絡をしなければいけないと言うことですか?」
「はい、そうなります」
だそうです。

ふ~~~~ん… つまり、売った後はしらんよ、ということだよね。
なら、ちゃんと商品の棚にその旨表示しとけ!
と、思い、ツタヤにメールしてみたところ、こんなコピペ返答がきました。



TSUTAYAコンタクトセンターでございます。
日頃よりTSUTAYAをご利用頂き誠にありがとうございます。

この度は、お客様には不快な思いをさせてしまい
誠に申し訳ございませんでした。

お問合せ頂いた件につきましては、店舗担当に申し伝え
今後のサービス向上に繋げるべく努力して参ります。

この度は、貴重なご意見を頂きありがとうございました。
今後ともTSUTAYAをよろしくお願い致します。

------------------------------
TSUTAYAコンタクトセンター 本日担当 ○○
cs.tsutaya@ccc.co.jp


店舗の対応が悪いんじゃなくて、ツタヤの考え方がおかしい、つってんの。
対応したお兄ちゃんは頑張っていた。彼はまったく悪くない。
わからないところは、きちんと上司に確認していたわけだし。
それに対しての答えが「自分でメーカーに言え」だったわけだから、
それはツタヤがそういう風にやっているってことでしょ?

まあ、こんなコピペがきた時点で、聞いちゃいないってのはわかりますけど。
とりあえずは子どもだけで店にいかせなくてよかったです。
(本当はそのつもりだった)
子どもなら、すごすごと帰ってきて、明日メーカーに電話して「買ったお店に持って行って
ください」と言われて、どうしよう、となっていたと思われます。
そして保証期間オーバー。なんなんだか…

プロフィール

ようこーぷ

Author:ようこーぷ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。