スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演劇発表

長男の所属している演劇部の発表日だったので、某センターへ見に行って参りました。
(市内の中学校の演劇部のコンクールのようなものですね)
去年も同じ場所で発表があったのですが、去年は行きに道を間違えて、最初から見ることが
出来ませんでした… ので今年はちゃんと最初からみるぞ~、と気合い入れて行きましたよ。
(一緒に行った次男がちんたらしていて電車に遅れそうになりましたが)

去年は長男は照明係だったので、舞台には立たなかったのですが、今年はちょっとした
役をもらたので(学校内の舞台をのぞけば)デビュー戦のようなものでした。
まあ、批評するような量のせりふもなかったわけですが、頑張っていたんじゃないでしょうか。

結果は今年も優秀校をとれたということで、優秀校発表会に出て、そこで最優秀に残れるか
どうか、といったところのようです。もし今年最優秀がとれれば、3連覇ということらしく
そうなるとどうやら市内では初めて、の快挙(?)となるようです。

現3年生はとっても頑張っているので、そうなるとよいのですが。
部長さんは舞台の上では、相変わらず格好良かったですねえ。
他校の人からも「特に○○さんがかっこよかったです!」とか言われてました。
なにやら宝塚チックな香りがいたしますが、舞台映えする人なんですね。
素は普通な中学生の女の子なのに。
そう考えると、やっぱり芝居っておもしろいです。
スポンサーサイト

雨格子の館

世の中、3連休でありましたね。皆様、お出かけなどされたでしょうか。
私はと言えば、医者とスーパーに買い物に行った以外、家事とゲームな
連休でした。(まあ、ちっと体調悪くて動けなかったってのもありますが…)

今回クリアしたのは「雨格子の館」です。
なにかおもしろそうなADVはないかなあ、と探していたところ、「ミッシングパーツ」を出した
FOGと日本一ソフトが一緒に出した「雨格子の館」がなかなかよさそう、と偶然知りまして。

個人的にFOGは私が好きなゲームを出している会社ですので(「風雨来記」は未だ好きな
作品でPS2版を買うべきか、と結構悩んでしまう)それなりに期待して始めました。
結論としては、なかなか骨太でおもしろかったです。クリアランクSは残念ながら独力では
無理でしたが…(ランクAにはなるんですが)
まあ細かいことを言っているといろいろとありますが、犯行を阻止していくことで
真相に近づいていけるのは(じゃんじゃん人が死んでいくよりも)気持ち的によいと
思いました。

買う前にちょろちょろと評判を検索したんですが、その中にいくつかBL要素がある的な
ことが書いてあるものがあったので、ちょっとそれはいやだなあと思っていたのですが、
私にはそれがどこなのかわかりませんでした… なに、私が鈍いだけ?
たしかにあるお兄さんはめちゃめちゃいい人(やさしい人)だけど、これは別に
人としていい人なんじゃないの?と思うのは違うんですか?!
ああいうのもやばいんですか? なんか基準が全然わかりませんが。
妄想しようと思えば出来るとは思いますが、そういう風に見なければ別にそんな
ことはないと思うのですがねぇ…

ん~、つうかぶっちゃけBLって読んだことがないので、内容はよくわかってないんですけど
昔でいうところの「やおい」とはまた違うんすか?(しかし、やおいも気持ち悪くて1話
読み切れなかった覚えが…)
制作者側がそういう風な意図があったのかどうかは知りませんが、もしそういう意図が
あるとするならば時代の流れってことなんでしょうかねえ。
そして、その流れをまったく読めない人間がここにひとり…

3日でクーラーは壊れないと思う

毎日いろんなお客さんから電話がかかってきますが、
気圧のせいか、ここ2週間くらいは病んでいる人比率がえらく高いです。
まあ、でもいまから書く人は病んでいるわけではないと思いますが・・・

最初の質問からして「あほか」的なものではあったんですが、
うちの商品とは関係のない質問のほうも強力でした。

「夏に3日くらい留守にするんですけど、クーラーつけないで猫を置いてっても
大丈夫ですよね?」

大丈夫じゃねぇよ・・・ 
人間と同じで真夏に締め切った部屋にいたら体調壊します、って
言ったら「でも、時々水をかえたりえさをやったりする人が来ますけど」・・って、なんで
「締め切った」ってとこにだけ反応してるかな。そーゆー問題じゃなかろうが。
一応、全然理解しなさそうだなあ、と思いつつも、いろいろ説明したわけですが
あげくのはてに「クーラーって3日付けっぱなしにすると壊れませんか?」
って心配してんのは、そこかい!

なんか、こういう人が生き物を飼っているってこと自体が間違っている。
もし子どもを生んだりしたら、車に放置しちゃうタイプだなぁ、と
しみじみかんじてしまいました。
おそろしい世の中です。

07-Ghost

ここんとこ、「07-Ghost」ってアニメを某動画サイトで見ております。
別になんとはなしに見始めて、特別におもしろい!とも思わないのですが、
(別段、つまらない!ってわけでもないし)
なんかせっかく見始めたから見ていくか的な感覚で見ておりますが…

最初からおにいちゃんばっか出てきて、「こういうのって腐女子の餌食になりそうな
かんじだなあ」と思っていましたが、内容的にはまったくそういう描写はなかったので
結構安心して見ていたんですが、10話くらいからなんかへんな方向に行っているような気が。
いや、気のせいだったらいいんですが、そうだったらちといやだなあ、と。
どうも私はBLは受け付けんです。
いや、やりたい人が同人とかでやるのは別にいいですよ、つうかどうぞお好きに、って
思うんですが。

BLとか百合とか、やりたい人がやるのを止める気はさらさらありませんが、
強要はパスってことで。
百合といえば、高校時代に私のことを「おにいさん」と呼ぶ同級生がいましたが。
その人は宝塚ファンだったので、きっとなんでも男役、女役みたいに
見ちゃうんだろうな~、と思って、放っておいたんですが、今考えるとちょいと怖いっすね。
別段親しいわけでもなかったので(実害もなかったし)、放置していましたが
世の中、ほんとにいろんな人がおるな~、ってかんじですね。

まあ、「おにいさん」は未だに言われることがありますが…
見た目はしっかりおばはんなので、面と向かってではないですが、
私の対応したお客さんに「若いおにいさんが言っていた」と言われたことが何度か。
(「若いおっさん」はおらんやろ!というつっこみはなしで。)
いつまでも「若いおにいさん」と言われるのは、どうなのか。
いや、いいんですけどね、別に。なれてるから。
ただリアルおばはんなのに「おにいさん」はびみょ~。
永遠の少年、なんちて。(←そもそもが少年じゃないし)
けど、「おっさん」と言われたらさすがにへこむかな…

絶体絶命都市2 ~凍てついた記憶たち~

絶体絶命都市2 ~凍てついた記憶たち~をゲームのおはなし(PS2 アドベンチャー)に
アップしました。なんだかレビューは久しぶりで、いまひとつですが…

一応、これの前にも「桜坂消防隊」とか「戦国BASARA2」とか「トロといっぱい」とか
「Wii Fit」「Wii Music」等々ぼちぼちはやっているんですが、ちいともレビューにまで
行き着かない状態。あとDSもそこそこあるんですが。
いやいや、文章はかかなくなるとやっぱり出てこなくなりますね。
仕事では文書作ってますが、全然パターンが違うので、大変大変。
できればぼちぼちアップして行きたいとは思っていますが、どうなることやら。

どうした風の吹き回し

昨日は自分の誕生日だったんですが、祝うような年でもなく、
毎年なんとなくスルーしているので今年もそうであろうと思っていたら違いました。

朝は次男が「誕生日おめでとう!」と言ってくれたので「おう!ありがとよ!」と
返したら、「わ~い」となぜか喜んでました。(いつもは「ありがとよ」というと
「ありがとうって言って!」と訂正するのに・・・)

会社でグループの本社社長からメールが届いていてびっくり。
入社して1年と少し経ったし、もともと本社の面接受けたから(そっちで落ちて
現在のグループ会社に入りました)気にかけてもらっているのか~、
ありがたいね~、と思いました。
家に帰ったら、バースデーカードも届いており、なかなか抜け目ないな(?)とか
思ったり。
安い給料で使うから、これくらいのフォローはする、のか??
まあでもありがたかったですね。

職場の同僚にはスイーツをご馳走してもらい、
友達にもメールで祝ってもらい、「なんか今年は家族以外には
認識してもらえているよ~」と思っていたら、なんとダンナが覚えていました。
なぜだ!? つうかどういう風の吹き回しだ!
ここ10年以上そんなことはなかったぞ!
その上「女の誕生日と結婚記念日は忘れちゃいかん」とか、どの口が言うか~!!
(ちなみに今年の結婚記念日はとっくに終わりましたが、当然スルーでした)
ケーキとシャンパンを買って来て、お祝いしてもらいましたよ。

いったい彼になにがあったと言うのだ。あやしい・・・
プロフィール

ようこーぷ

Author:ようこーぷ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。