スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前野曜子

生まれて初めて買ったEPは「スペースコブラ」だった私。
前野曜子の歌唱力に中学生ながら打ちのめされたもんです。
小遣い月1000円なのに、800円のEPを買うのは勇気がいった。
(なにしろ小遣いで文房具も買わなくちゃならないんで常に火の車状態)

なんとなく彼女は今なにをしているのだろう、と思って検索してみたら、すでにお亡くなりに
なっていました… 享年40 私が今年の後半に死ねば同じ年にあの世に行くことになるなあ
とかどうでもいいことを考えてみたり。彼女の死因は肝臓病(大酒飲みだったらしい)
とのことなので、原因が同じはありえないなあとは思いますが、膵臓ガンとかだったら
余命3ヶ月です、くらいはあるかもしれないですね。いや、別にそうなりたいわけではないですが…

前野曜子の歌唱力は抜群ですが、高橋洋子もなかなかのものだと思います。
エヴァンゲリオンで一躍名が知れましたが、有名どころの前座をやっていましたよね。
久保田利伸の前座で聞いて「この人、すげぇ」と思いました。名前が私と似ているのにも
なんとなく勝手に親近感を覚え、がんばれ~と思ってしまいます。
「この醜くも美しい世界」は見たことないけれど、彼女の歌うOPはいいですわ。
歌がうまい人ってすごいよね。
スポンサーサイト

歪んだ平等

本日、小学校で6年生の為の巣立ちの会ってのがあったので参加してきました。
こちらの内容は、行事のビデオを見たりゲームをしたり、合唱を聴いたりと楽しかったのですが、
会の最初に学年主任からの話が少し気になりました。

小学校を卒業すると、仲良しの友達でネズミの国とかに遊びにいくというのはよく聞く話ですが、
それを学校としては「禁止」にするんだそうです。
6年生が卒業しても、4月に中学校に入学するまでは小学校のほうに籍があるということになる
らしいので、まあ学校からの指導ってことになるんでしょうかね。
個人的にネズミの国に関しては興味がないので、そこに行けないのは
どうでもいいことではあるんですが、その理由に首をかしげました。

通年、卒業記念で子ども同士で遊びに行くってのは、あったらしいのですが、
ある年、ネズミの国に行くのに誘われなかった子が出たらしいんです。
(そりゃ、仲のいいメンツがそれぞれ違うので当然だろうと私なんかは思うのですが…)
で、その誘われなかった子はとても傷ついて、中学校に上がるときに誘ってくれなかった
子達と溝が出来た状態でそのまま中学時代をすごした、というんです。
(先生の話では「一生心の傷となって…」なんて表現まで出てきておりましたよ←オーバーだろ)
そんなわけで、全員でいけないのであれば子どもたちだけで遠くに遊びにいくのは禁止って
ことにします、という話なんですね。

じゃあ、逆に言えば全員で行けば子どもたちだけで行くことは可能なのか?と思ってみれば
もともと子どもだけで遠く(学区外ってことだと思います)に遊びに行くのは禁止ということに
なっているので、駄目なわけで。

これってすごく歪んでいる考えだと私は思います。
全員で一緒なのが平等って、それは違うと思うんですが。
じゃあ、行きたくないやつも全員でいかなきゃならないから義務として行かなければ
ならないのか、と言いたくなったり。行きたくない人の主張や権利は無視ですか。
世の中の人間、全員がネズミーランドが好きな訳じゃないんですけど。

だいたい誘われなかったから傷つくのはわかるにしても、それをいつまでも引きずっている
のはどうかと。そんなこと言っていたら、生きていけませんよ。誘ってくれなかった人たちしか
同級生がいないわけでもあるまいし。
こういうこと言っているのって、女の子なんだろうなあと思いますが(とにかく皆と一緒に
いることで安心するという人が多い←本当の意味で仲がいいとは限らない、おそらくだから
誘われない)人生で同様なことはいくらでもあり得るでしょ。
そのまま成長したら「私だけ飲み会に誘われなかった。この会社ではやっていけないわ!」
ってなるのかなあ。

私はうわべの仲良しごっこは嫌いなので、好きでもないやつと遊びになんか行きたくないね、と
思いますが、(もちろん仕事とかそういった必要な部分では嫌いであっても、それなりの
対応でやりすごしますが)「平等」の名の下に皆一緒かあ。
こんなことまで指示されて、ほんとゆとり世代だなあ。

リンクおよびリング撤去

完全にほったらかし状態になっているサイトの方を少し手直ししました。
というかリンクページとWebRingページを撤去致しました。
サイトを開設して何気なく8年目だったりするわけですが、ここ2年くらいは
ほとんど更新をしていない状態です。潔く閉鎖してもいいのかなあとも
思うのですが、一応それなりに書いてきたゲームレビューもあるしなあとか。
花のほうはだいたい同じ季節に同じ花が咲くので、毎年毎年同じのをアップしても
仕方ないな、とは思ったので、変えようとして、そして途中で滞っている、というわけです。
これからブログに移すにしても量が半端じゃないしなあ…
まあ、とりあえずじゃ自分の記録用にとっておきますかね。

あとは自分のサイトじゃないんですが、価格コムにゲームレビューをちょっと編集して
いくつか書きました。投稿してからちと長すぎだろ、と思うものもあったりして…

デンドロビウムたち

疲れが抜けるに時間がかかる

金曜日に、自分的にはすっかり13時までの勤務かと思ってパートに行ってみたら
実は17時までに変更になっていて(いつの間に!)「なんだい、お弁当持ってこなかったよ」
と思っていたら、今度はバイトがインフルエンザでこられない、ってことで急遽ラスト(21時)
までやることに… 21時までは年末にも一度だけやったのですが、次の日に疲れが残る
んですよねえ。今回もやはりというか当然のことながら次の日にばっちり疲れは残ってました。
もう仕事中に目が落ちくぼんできているのが自分でわかるのが怖い。つうか、そんな顔で
お客さんの前に出ていていいのかな、と思ってしまいます…
実労12時間半くらいなんですが、これくらいでへばっていてフルタイムで残業して、帰ってきて
夕飯作ってなんてできんのか?と不安になりますです… まあ、そりゃあ事務の12時間と
立ち仕事の12時間は違うとは思いますけど、でも通勤に2時間近くがかかっていたとしたら
そんなには違わないのかなあ、とか。(あ、でも労働時間中が座っているのなら肉体疲労は
そうでもないのか??)毎日でもないのに、こんなに疲れのこってちゃやばいだろ、と思いますねえ。
そういえば、結婚して3ヶ月のころも過労で倒れたんですわな。フルタイムで働いてて
(正社員だから当然ですが)家事全部やって、休みの日にもたまった家事やってりゃ
そりゃ身体休まりませんよね。あんときは今より15歳も若かったのに…
ああ、基礎体力がほしい。瞬発力だけはあるんですけど、それじゃあね…

チョコの日

世は○リーの仕掛けたチョコの日であります。

次男は3人の同じクラスの女の子に手作りチョコとクッキーをもらっていました。
3人ともが手作りってのが、すごいなあと感心してしまいました。
まあ、いつも遊んでいるので、って感覚でたくさんの人に配った中のひとり、という
かんじではありますが。女の子は4年生にもなると、お菓子を作ったりするんですねえ。
長男もそのうちの1人にクッキーをもらえて、とてもうれしそうでした。よかったなあ…

今年は特にお金もないので、家族分にはチョコは買いませんでした。
まあ一応ガトーショコラを焼いたので、それでいいじゃろってことで。
ガトーチョコラ自体は何回か焼いたことがあるのですが、うちにあるレシピは卵を6個も
使うので、もっと卵の少ないレシピはないかなあと昨日検索してみたんです。
そしたら日にちが日にちだからか、混み合っていてアクセス出来ないページとか
ありましたよ。ふ~ん、皆考えることは同じか。(他の人は卵の数で選んでいるんじゃ
ないとは思いますが…)

今朝、パートに行く途中で高校生に何人か会いましたが、女の子は紙袋をいくつも
下げている子がたくさんいましたねえ。友達とかにあげるんですよね?あれって。
野郎にあげるより、なんかそのほうが楽しそうですね。女の子だとあげたものに
対して反応もちゃんとあるし。
私は子どもの頃、自分のために(つうか食べたかったから)チョコを買った記憶がありますよ。
(お金がなかったから、いつもはそんなものを買ったり出来なかったので)
大学生のころは、ロッテのアーモンドビッグバーってのをよく買ってました。
1本200円くらいので、アーモンドが丸ごとごろごろ入っているやつ。
今食べたら歯が折れそうな。すごい好きだったんですよね~。津○沼パルコの食品館で
よく買って帰りましたっけ。懐かしいなあ。いま、あれって廃盤ですね。
(売ってても、1本200円のは買わないかな…)
なんか、また貧乏くさい話になってしまった…

学習参観

本日は、今年度最後の学習参観がありました。
長男(6年生)は「12歳の主張」という発表を、次男(4年生)は「1/2(にぶんのいち)成人式」
として、4年生になって出来る様になったことや、上手になったことを発表する、という
ものでした。

参観は5時限目だったのですが、次男は最初の方に、長男は最後の方に発表する
ということだったので、途中でクラスを移動し、無事に二人ともの発表をみることが
出来ました。次男は縄跳びをしたのですが、なにやら瞬間で終わってしまいました。
あんなのでいいのかな?というかんじです。
長男の発表は(題目がそれぞれ黒板に貼り付けてあったのですが)
「食物自給率を向上せよ」でした。「~向上させよう」とか「~あげよう」じゃないのが
いかにも長男らしい… まあ発表自体はグラフも見やすく作ってあったし
なかなかよかったと思います。

ただの授業をみているだけよりも、参観している方はおもしろいのですが、
子どもたちは緊張するでしょうねえ。クラスの友達だけならまだしも、
親がいっぱい後ろに並んでいる前での発表なんて…
最近の学習参観は、こういった「人前で発表する」という形のものが多いですね。
このあたりが昔(私の子どものころ)とは全然違うところと感じます。
でも、人前で自分の意見を述べる(プレゼンをする、など)は社会に出て必要な能力
なので、少しずつでも慣れておくのはよいことかな、と思います。

中学校は学習参観は年に1回くらいしかないようですので(先日、入学前説明会が
ありました)子どもの授業姿勢をみる様なことは減るのでしょう。
こうやって、子どもは成長していくんですねえ…
プロフィール

ようこーぷ

Author:ようこーぷ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。