スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動会

小学校の運動会が開催されました。
本来は昨日5/26(土)に行う予定だったのですが、前日までの雨のため
(当日は晴れるとは思われるものの)グラウンドのコンディションが
良くないので、予備日の5/27(日)に行うことになりました。

土曜に義弟夫婦も姪をつれて(義両親と一緒に)来ると電話が
あったので、弁当9人分かよ…と結構大変な思いをして作った
ものの、結局姪が朝になったら鼻をぐずぐずやっているという
いうことで3人はキャンセル。当たり前ですが弁当余りまくりですよ。
まあ保冷剤を持っていたので、残りはそれで冷やし、帰ったら
(2時半過ぎ)すぐに冷蔵庫へ入れて夕飯に食べましたよ…
つうか、昼に食べ過ぎたから全然お腹すかなかったですけれど。

天気はめちゃめちゃよかったので、見ているだけで日焼けしました。
次男の太ももは真っ赤になってましたね。
次男と言えば、徒競走で最後の5mくらいで前の人を抜いて
1位になったのに、テープの30センチくらい前でなぜか止まって
結局2位に。
なぜ、とまる??と思って本人に後できいてみたところ
「いつも2番だったから”あれ、僕1番で行っていいの?”と
思ってしまった」らしい。いいんだよ、抜いたんだから… 
テープ切ってから止まりなさい… なんだかなあ。
長男はちゃんとテープ切ってから止まって1位でした。
今年は二人とも徒競走が見られました。去年まではパートが
終わってからだったから、どっちかのは必ず見られなかったもので。

考えてみたら二人で小学校の運動会は今年でおしまい。来年は
長男は中学生です。中学校の運動会は勝手が違うと思うので
(少なくとも私が中学生のころは、親は午前中にちょろっと見に来る
とかその程度だったような気がしますが)お弁当を一緒に
食べるのが一大イベント、な運動会はこれで最後だったのかも
知れません。
スポンサーサイト

2ヶ月検診

ハローワークで職業訓練校のパンフをもらってから(ダンナが
見るためのもの。私自身はすでに申し込んだコースがあります。
まだ選考の前ですが…)それから膝の2ヶ月検診へ。

寝た状態だとほぼまっすぐに伸びるし、曲がり具合も135度程度
いっているので(140度までもう少し、と言っていたということは
それくらい曲がればいいということでしょうか?←訊けばよかった…)
経過は良好のようです。腫れもほとんどなくなってますし。
ただ、まだ階段の降りる時には軽快に降りることは出来ないし、
日によってはなにもしていないのにちと痛い、という日もあります。
来月の検診で一旦おしまいのようですが、その時点でどんなものなのか。
まあ、微妙に心配と言えば心配ですな。

その後、歯医者の検診に行って、地元に帰ってきてから郵貯の
簡易保険の申請をしたんですが(今回の膝検診でやっと診断書を
もらえたので。1ヶ月検診段階ではまだ出来ていなかったのでした)
これがやたら時間がかかった。傷害なのか疾病なのか、判断が
付かなかったらしく、本センターに問い合わせたりなんやら
していて、結局1時間くらいかかりました。お~~~い。
傷害だと別に書く書類があると言うし。(いや、だから疾病のほう
だっての)
まあ、手術給付金があったので、結構補填されてありがたいっす。

薬は成人用で

先週行った耳鼻科へもう一度行ってきました。
耳の方がほぼ治っているので、問題は鼻の方。
副鼻腔炎の方は薬が効いているようですが、鼻炎のほうが
どっちかというとひどいようです。なのでそちらの薬が
今回変わりました。

私も子どもの頃(と言っても小学校の低学年の頃)よく鼻が
詰まって耳鼻科に行って吸入していた覚えがあります。
あれってやった直後はいいんだけど、その後すぐにまた詰まる
んですよねえ…効果がないってわけではないんでしょうが、
本人的には「効いているのか?」とちょっと不安に思うところ。

今回薬は2週間分でたので、終わる頃もう一度行くことに。
次でラストにならないかなあ…

中耳炎?

朝、長男が左耳が痛いと言い出すので、もしや中耳炎では?と
思い(幸いにも今までなったことはなかったのですが)耳鼻科に
行くことに。しかし、近所の耳鼻科はめっぽう評判が悪く、話を
聞いた人全員が「あそこはやめたほうがいい」と言うもので、
朝から友達に「耳鼻科を教えて~!」とメールして、教えてもらった
隣町の耳鼻科に行って参りました。
で、結果、中耳炎ではなかったものの(ちょっと外耳炎になりかかっていたけれど、
これは薬の塗布で大丈夫でした)副鼻腔炎の疑いが
ありということでレントゲンを撮ることに。
実は花粉症になったあとくらいから、ずっと鼻をぐすぐすやっていたので
(それもかまないですぐすすっている…)
「そんなんじゃ副鼻腔炎になるからちゃんと鼻をかみなさい」と
しつこく言っていたのですよねえ。案の定、なってました…

まあ程度としてはそんなにひどくはないので投薬で治るという
ことなのですが、先生には「もうちょっと早くくればよかったのに」
と言われてしまいました。うん、私もなんかそんな予感はしていたの
だけれど、もしや治るのではという淡い期待のもとに経過観察
していたらこの有様でした。
体重が40キロなので(小児用では少なく、成人用では多いらしく)
薬の処方に先生は頭を悩ませていたようですが、結局小児用で
処方されました。1週間後にもう一度行って、薬の量や種類を
変更するか等々診るようです。

6年生(長男)はジフテリアと破傷風の2種混合防接種もやらなきゃ
ならないし、なんだか私はずっと病院ばっかり行っている気がします…

シーチキン破損レス

はごろもフーズから、先日のシーチキン缶破損の原因のレポートが
届きました。結論から言えば、製品の製造段階の問題ではなく
流通過程のどこかで強い衝撃が直接製品に加わり、プルタブが
歪んだもの、ということらしいです。
同ロットに類例はないらしいので、まあ良かったと言えばよかったの
かも。

しかし、こんなのにまで当たるようになるとは…
以前は食べている段階で異物混入発見!とか、作っている途中で
異物発見!とかだったのになあ。異物じゃないけど、怪我するのも
嫌なものですよ。

すばやい対応

前回書いたシーチキン缶の裂けについて、ウェブサイトから
(なんで裂けたかの)説明をして頂戴、と問い合わせてみたら、
そっこー電話がかかってきました。午前9時ちょっと前にウェブで
送って、電話がかかってきたのが9時ちょっと過ぎ。
うむ、すばやいな。びっくりしたよ…

現物を取ってあることも伝えてあったので、返送してほしいという
ことで明日佐○便が回収にくるそうです。
缶の状態を言うと、おそらくもともと蓋に亀裂が入っていたと
思います、のようなことを言っていたので、もしかしてこういった
クレームは時々あるのでしょうか?
まあ、電話口の(お客様相談室の人でしょう)方は申し訳なさそうに
平謝りなので、ちゃんと理由がわかればいいんですが、的に
言ってしまいましたが。傷も浅かったしね。(これでひどい傷だったら
また態度も変わってしまったかも知れないけど)

とりあえず、まともな対応でよかったです。
これでのらりくらりだったら、今後絶対シーチキンかわないもんね、
などと思ったりしましたもん。

ついてねぇ~!

夕飯にシーチキンの缶詰を開けようとしたら蓋が裂けました。
プルタブが取れたんじゃなく、途中で蓋自体が裂けて
右手中指人差し指を切ってくれましたよ… おのれ、はご○も。これは完全クレームだ。
さらにそんな指で作業したもんだから、胡椒の中蓋が取れて
瓶の半分位がボールに入ったです。厄日の様だす。
プロフィール

ようこーぷ

Author:ようこーぷ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。